BSK


ボデイショップ小林トップページ
エリーゼ・エキシージ車両修理
FRPリペア補修
カーベンチ
インテリア
ペイント 塗装 全塗装
メンテ 整備
アクセス コンタクト
パーツ
BSKワークギャラリー
中古委託販売
レース

■通信販売について
■送料・代引き手数料について
■個人情報の取り扱いについて
■通信販売における法に基づく表記
※修理代金および取付工賃は、代引きでのカード決済はご利用いただけません。

通販のお申し込みは電話・FAX・メール・注文フォームでお受けしています。
通販注文用フォーム
別ウインドウで開きます。

ローン
■ローンのお取り扱いについて
BSKでは、新車・中古車の販売・車検費用・板金修理・各パーツ販売等のお支払いをローンにすることも可能です。お気軽にご相談ください。
ローンについての詳しくはこちらで

■自動車保険の加入の相談・申込
BSKでは、東京海上日動及び日本興亜損保の自動車保険代理店をやっておりますので、保険加入のご相談やお申し込み等お気軽にご相談ください。

有限会社BSK
〒146−0082
東京都大田区池上3−1−8
  第二京浜ビル1階
TEL:03-3754-8611
FAX:03-3755-4222
sales@bsk96.com


シャーシの修理 基本概念

弊社での修理にはイタリア製のフレーム修正機「CAR BENCH」を使用しています。

カーベンチ エリーゼ修理 
上の写真はエリーゼのフロント部分にダメージを受けた車両の修理の様子です。

大きな損傷を受けた車両の場合、カーベンチに乗せて修理作業を進めるのにはわけがあります。
カーベンチはジグを使い車両の寸法を正確に測ることが可能です。従ってダメージの大きさや向きを総合的に判断し、的確な修理計画を練り修理に取り掛かることができます。さらに、がっちりとジグに固定しているので、ダメージを受けた部位以外が修理中に歪んでしまうような2次的損傷が出ることがありません。



LOTUSのサスアームはシャーシに対して全てが真っ直ぐ平行に付いているわけではありません。

カーベンチのジグはアルミシャーシの3次元寸法が正確に測れます。 すなわち、縦横高さに加え軸の角度も正確に再現できるのです。これがとても重要です。 基本寸法はサスペンションアームの取り付け位置が主たる計測ポイントとして挙げられますが、このアームの取り付けボルトの角度,通り芯を正確に合わせられるのでダメージの度合いが正確に判断できるということなのです。

サスアームの通り真の重要性

写真はリヤのアッパーサスアームですが前側の取付と後側の取付位置の高さが元々ずれています。しかしサスアームに対しては平行な取付角度になっているのです。当たり前ですがこの角度が出ていなければサスアームはスムーズには動きません。BSKではこの角度を正確に計測しながら修正する為に、CARBENCHというジグベンチを使用しているのです。





また、BSKでは多くのエリーゼ・エキシージを修理してきた実績と経験があります。
従ってエリーゼ・エキシージのカーベンチでの基本寸法は完全に把握しており、計測の如何でどこがどのようにダメージを受けているか、どこをどうすれば元の位置に戻せるのかを的確に判断することが可能です。

もしもの場合、アクシデント前と同じ状態に戻したいとお思いでしたら、ぜひBSKにお任せください。
自信は技術の確かさの上に成り立っているものとご理解いただけると思います。

フロントサイド衝突車の修理の事例 (クリックで写真の表示)
S1エリーゼ、フロント右側にダメージ。

サスアーム類は大きく変形のため交換。
CARBENCHにかけてアルミフレームの修正を行います。

接着もはがれ亀裂も入っている状態。


アルミフレーム部分をご覧ください。すっかりと元通りになりました。
ステアリングボックスも新品に。FRP部分も交換して後はアーム類の装着を待つ状態です。

お問い合わせフォーム 


カーベンチを使ったポルシェの修理


©BODYSHOP-KOBAYASHI.COM