ボデイショップ小林トップページ
エリーゼ・エキシージ車両修理
FRPリペア補修
カーベンチ
インテリア
ペイント 塗装 全塗装
メンテ 整備

BSKカード
アクセス コンタクト
リンク

 LOTUS ELISE&EXIGE
パーツ
BSKワークギャラリー
中古委託販売
レース


■通信販売について
■送料・代引き手数料について
■個人情報の取り扱いについて
■通信販売における法に基づく表記
※修理代金および取付工賃は、代引きでのカード決済はご利用いただけません。

通販のお申し込みは電話・FAX・メール・注文フォームでお受けしています。
通販注文用フォーム
別ウインドウで開きます。

ローン
■ローンのお取り扱いについて
BSKでは、新車・中古車の販売・車検費用・板金修理・各パーツ販売等のお支払いをローンにすることも可能です。お気軽にご相談ください。
ローンについての詳しくはこちらで

■自動車保険の加入の相談・申込
BSKでは、東京海上日動及び日本興亜損保の自動車保険代理店をやっておりますので、保険加入のご相談やお申し込み等お気軽にご相談ください。

有限会社BSK
〒146−0082
東京都大田区池上3−1−8
  第二京浜ビル1階
TEL:03-3754-8611
FAX:03-3755-4222
sales@bsk96.com

FRPボディの補修

ロータスエリーゼは皆さんが御存知のように、アルミとFRPで作られた車です。
正しい知識と熟練した技術を使えば、大きなクラッシュでも小さなわれも完全修復することができます。



  当社ではFRPボディーの補修を行なう場合、独自開発した技術を使用しパーツを外して裏側から見ても修復箇所が分からず、修復箇所が損傷前のノーマルパーツと同じ強度がでるように修理しています。

 また、アルミのバスタブシャーシの修復には イタリア製のカーベンチフレーム修正機を使用し1ミリ、1度にこだわった修復を行っています。フレーム修正につきましては別ページにて紹介いたしましたので、気になったお方はこちらもご覧ください。

クラッシュによってダメージをうけたためダメな部分を切り取ったところ。

 FRPボディの損傷にはいろいろ種類があります。
 表面のゲルコートのみのクラックであれば、表面の修正のみですみますが、FRPマット部分にまでクラックが入っている場合には、クラックを完全に取り除かなくてはなりません。

 FRPの知識がない業者ではたいがい良くて裏からそのまま1プライのFRPマットを貼り、クラックの上からパテを塗り仕上げます。(極端な例ですが裏からアルミテープを張ってあるだけの修理をみてビックリしたこともあります。)
 これは中途半端なFRP補修キットなどを買うと説明書に見た目だけの修理のしかたが書いてあったり、鈑金屋さん用の虎の巻に間違えた解説があったりするからだと思います。

 当社では写真のようにダメな部分はなるべく切り取り、同じ厚さになるようプライス数に気をつけて新規に造りかえます。そのような修理をする事で新品部品と同じ強度を保ったまま仕上げる事が出来るのです。


 このような修理でノーマルカウルと同じ強度で普通ではカウル交換しなくてはならないものを治して修理金額を抑える努力をしています。
正規物でも 並行物でも 他のFRPで出来た車でも同じように修理する事ができます。


表面を黒ゲルコートで仕上げ 3プライFRPマットを張り込みリヤカウル側面を造って 車とのフィッティングを確認している所です。
オーナーの方々まさかの時には是非BSKに御相談ください。

お問い合わせフォーム

 


©BODYSHOP-KOBAYASHI.COM